HACCP(ハサップ)の考え方を取り入れた衛生管理

日本バイオ株式会社 富山工場では、厚生労働省により令和3年6月1日より義務付けられた、

【HACCPの考え方を取り入れた衛生管理】

として、

◎ 原材料の仕入・保管管理
◎ 工場内の衛生管理
◎ 製造設備・備品の衛生管理
◎ 従業員の衛生管理

を徹底し、各種衛生管理の確認と記録を残しております。

 

お客様に安心・安全な製品をお届けするため、引き続き従業員一同【HACCPの考え方を取り入れた衛生管理】に努めてまいります。

『HACCP』(ハサップ)とは

『HACCP』(ハサップ)とは、Hazard Analysis and Critical Control Pointの頭文字をとった略称で「危害要因分析重要管理点」と訳されています。

 

具体的には、

「原料の受け入れから製造・出荷に至る過程において発生する恐れのある生物的・化学的・物理的危害要因を予め分析(危害要因分析)し、原料の受け入れから製品の出荷までのどの段階でどのような危害要因が生じ、どのような対策を講じればそれを管理(除去・許容レベルまで減少)できるかを検討し、その工程(重要管理点)として定め、この重要管理点に対する管理基準や基準の測定法を定め、これを継続的に記録することにより製品の安全性を確保していく科学的な衛生管理の手法」

のことです。

 

国連食糧農業機関(FAO : Food and Agriculture Organization)と世界保健機関(WHO : World Health Organization)の合同機関であるコーデックス委員会から示され、各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

タイトルとURLをコピーしました